ご苦労なこった。飛行機で行く「長距離浮気」の旅

世に「長距離恋愛」という言葉がある。

お互い住んでいる場所がかなり離れている場合を指す。

昔はそうそう頻繁に会うこともできず

「長距離」という言葉がピッタリの感があったが

今は交通も便利となり「なかなか会えない」という状況では

なくなってしまったようである。

 

浮気の調査案件で、

相手が飛行機で2時間弱の地域に住んでいる、

そんな「長距離浮気」の案件があった。

飛行機で2時間弱といえば直線距離にしても

1000~1500キロくらいか・・・・。

 

そんな距離があるにもかかわらず

浮気関係を築き、相互の行き来が続いているというのである。

いったい交通費にいくら掛けているのであろう?

泊まり、日帰りアリというから恐れ入る。

 

 

どこで知り合ったのか?

不思議でならんので尋ねてみると

「ネットゲーム」だそうで・・・・・。

 

出会い系で知り合い、浮気が始まる人もいるし、

SNSで知り合い、浮気が始まる人がいる時代である。

別にオカシクもないが「出会いの場」がどんどん広がっている。

 

安土桃山時代の大泥棒、石川五右衛門の辞世の句

 

浜の真砂は尽くるとも 

 

    世に盗人の種は尽きまじ

 

と同じように

 

浮気の種は尽きまじ

 

である。