「運が良い」探偵

最近は「相手の行動」を確認する作業で

遠征をしていた探偵である。

行動を確認するというのは監視するとか、

見張っているとかの類になる。

依頼人の予想通り動いてくれればよいが、これがなかなか難しい。

 

「きっとここに現れます」

「退社時はここを通って帰ります」

などいろいろ参考情報はあるのだが、

その通りに動いてくれるわけもない。

何回も何日も見張っていても現れないことも多い。

空振りになる確率も多かったりで

特別な事情が無い限り、こういったことを希望する人は少ない。

 

 

そして今回の調査も空振りであったのだが・・・・。

 

予定時刻になっても現れないので「今日は終了」

との指示が出ての帰途、

想定現場から車で15分ほど離れたコンビニに立寄ったら

「調査の相手」がノホホンと買物をしてる場面に遭遇であった。

 

大急ぎで「敵発見」の連絡をして延長調査となったのであった。

まさかの場所、依頼人も想像していなかった場所

での発見には驚きであった。

 

過去にもこんなケースが度々あった。

何度も「運の良さ」に助けられている探偵である。

 

 

どんなに実力があっても「タイミング」が悪ければダメだし、

どんなに経験があっても「不可抗力」が邪魔をする。

優れた機材があっても目の前に人が立ちふさがっていたら

写真もビデオも撮れないのである。

 

「運」というのはとても重要な要素なのである。