写真だけが欲しい、という人からの依頼

「細かいことはいいから、写真だけを撮って欲しい」

という依頼がある。

これはダンナや奥さん、恋人の行動を写真に撮るわけだが

特に多いのが、出張先、旅行先といったところ。

「友だちと旅行に行く」「出張に行く」「●●に1人で行く」

そんな言葉を信じてもらえないのは可哀想だが、

それも自業自得なのかもしれない。

 

で、実行してみると

「行く」と言っていた所に現れなかったり、

「友だち」が異性だったり、

「1人で」が異性と2人だったり、

そんなことがあったりする。

 

中には、「旅行に行く」と言って出掛けたが

同行していたのが今でも連絡を取り合っている

奥さん自身の学生時代の同級生(もちろん女性)だったり、

よく知っている子供の母親だったりと、

容易に修羅場が予想できる相手であったりもした。

 

後先考えずに、安易に近くにいる相手で済まそうとする

アホな男がなんと多いことであろうか。

簡単に身元がバレるような相手を選ぶなよ、と言いたい。

 

出張と言って、浮気相手と旅行する男連中も

観光地でスーツ姿とか、

一目で怪しいと思われる格好だったりする。

今時ならクールビズで軽やかな服装だが、

やはり何となく不自然な格好だったりする。

まぁ、うちの場合は

相手が40~60代だからそうなのかもしれんが。

 

 

車通勤で会社の帰りが怪しい、ということで

監視してみたらほぼ毎晩のようにラブホに行っていた

絶倫のオッサンもいたりする。

 

今のところ、

こういう浮気男を相手にすることが多い探偵ではあるが、

極稀に、浮気妻を追いかけることもある。

 

男にしても女にしても

欲望が理性を大きく上回っている人間は多いのである。