探偵の守備範囲を超えてるな

調査の相談で

「私にはどんな手が残されていますか?」

ということを聞かれることがある。

いろいろ聞いていくと、調停やら裁判が進行していたり、

たくさんの偽名を使っていたり、逃亡していたりと

ケースによってはもはや探偵の手に負えないものがある。

 

弁護士が入っているならそちらに聞くべきだろうし、

解任して自分の「意に沿う」方針を実行してくれる

人を選任したほうが良かろう。

 

探偵は証拠となるものを集めて来ることが仕事。

戦略達成や戦術実行のための資料集めがメインである。

方針が決まっていない中で探偵に聞いても、

それはちょっと聞く相手が違うのではなかろうか。

冷たい言い方かもしれんが・・・・・・。

 

 

裁判も何も起していない中で

相手の素性を掴めない、そんな時は探偵が使えるであろうが

何パターンかのプランを作って一つづつ実行するしかない、

そんな時もある。

それでも素性が掴める保証はないのでなかなか難しいものである。

それ以前に、

プランが尽きるか、予算が尽きるかの問題もある。

 

 

そもそも浮気問題なら、

なんでそうなるまで放っておいたのか?

素性関連のことなら

なんで名前も住所も判らない相手を信用したのか?

ということに尽きる。

 

そして資金の点については

なんで金が無くなってから依頼しようと思うのか?

である。

 

もっと早くに相談なり調査なりしていれば

逆転も可能だったであろう案件もあるが、

 

時すでに遅し

 

という相談は多いのである。