探偵に丸投げせず、できるところまでは「自分で調べる」DIYの調査もヨシ

いろいろな調査を探偵に丸投げすれば

当然、費用は高くつくに決まっている。

不肖のもとに来る依頼には

「ここまでは自分でやりました」というのが多い。

 

尾行にしても張り込みにしても

シロウトでもなんとかできる部分がある。

さらに「自分のこと」であれば必死になるから

やろうと思えばできる。

 

そうやってみて

「ここからはできない」とか

「これはできない」といったところで探偵に依頼してくる。

 

端緒を掴んでくる人もいれば、

まったく掴めずに依頼してくる人も当然いる。

 

不肖は「シロウトはでしゃばるな」

などとエラそうなことは言わないし、

「何とかしたい」というその意気は買うのである。

「バレて」いなければ引き継ぐのはいつでもOKである。

 

 

例えば、浮気問題では過去のブログでも紹介したように

ICレコーダーを仕掛けた人もいれば、

ドライブレコーダーの映像を確認した人もいる。

交通系カードのスイカの履歴を調べた人もいれば、

ダンナの持ち物チエックを頻繁にした人もいた。

 

そうやって確認して、出没場所を限定して

自分で「その場」へ行って張り込む人もいる。

ダンナを尾行した人もたくさんいる。

 

そうやって集めた情報を渡され、

不肖の探偵が後の調査を引き継ぐのである。

 

同業者からは

「やりにくくないか?」と言われることもあるが、

別にそうは思わない。

 

他の探偵を利用してトラブルで「探偵チェンジ」となり、

その後を引き継ぐようなこともある。

これは当然、お客さんから指定されてくるわけだが。

 

 

夫婦間の浮気でも

交際している相手の浮気でも、

こんな形での依頼や調査の場合、長期間前提が多いように思う。

 

逆に、

最初から丸投げして「一気に」最終局面へ向かうケースもある。

 

どんな方法を選ぶかは依頼人であるお客さん次第だが、

「短期決戦か長期戦か」は決めておいた方がよいのは

当然である。