浮気や不倫を「密告」「告発」された人たち

事件や事故、犯罪を犯して

会社人生を棒に振る人がいる。

同時に「秘密」を暴露されて同じようなことになる人もいる。

 

浮気や不倫を大いに楽しんできた人が

ある日、それを密告するような手紙をバラまかれたり、

会社上層部に「その悪行」を告発される、という事件もある。

 

警察に届けて受け付けられたケースもあるが、

まったくの門前払い、というケースもある。

どこが違うのかワカランが・・・・・。

 

遊ぶ相手もよ~く見て、注意を払っていないと

足元をすくわれるよい例であろう。

 

相談してきた人の話しを聞いてみると

「そりゃ、あんたが悪いだろ」という話しばかりで

まるっきり因果応報の見本である。

 

その相手が同僚や取引先の人間は言うに及ばず、

その関係者の奥さんや娘というのもいた。

相当執念深く調べ上げたに違いない。

 

書かれていることを丹念に追っていけば

なんとなく書いた相手も判るはずだが、

 

中には

余りにもあちこちに手を出したために

推測できる「犯人であろう」人物が特定できないのもあった。

会社としてもこんな「人間凶器」のような輩を雇っていては

非常に危険なので困りものである。

 

 

浮気や不倫が発覚したら

たいていは相手の家族から当人に

弁護士発で通知が来たりするので問題の処理は

当事者とその家族の間で秘密裏に行われる。

 

それがいきなり

関係した人物、家族、会社に密告の形で

「お知らせ」が来るのだからタマランわな。

 

昔は会社のトップ争い・主導権争いなどで

相手の「疑惑・不正」を告発して蹴落とす

怪文書が出回ったりしたものである。

その時代でもやはり「女性絡み」で追い落としの画策もあった。

 

今の時代は、女性自身が「捨て身の覚悟」で追い込むから

本当に「出口なし」の状況になる。