浮気夫の行動記録、点検記録簿を付けて「やがて来る」離婚のタイミングを調整しろ

浮気発覚で離婚を決意するとき調査して結果判明で「即・離婚」になると皆思うかもしれんがそうでもない。

離婚する側(妻)にだってそれぞれ事情があるのである。

例えば

来年の子供の受験が終わってから、

 

来年、子供が高校や大学を卒業してから、

 

ヘソくりがもう少し貯まってから、

 

などがある。

以前は発覚で即・離婚のパターンもあったようだが、後先考えずに離婚して経済的に困ったり、子供がショックを受けたりしては苦労が倍増するので冷静に考えるようになったのであろう。

こうなると浮気調査も「最後の追い込み時期」に集中して実施、とはならず、1~2年の間に「ポツポツ」「定期的」といった感じで様子や行動を調査することが多い。

それを時系列で報告書にまとめると、

「何年もこんなことしてました」とか

 

「ず~っとこの女と浮気してました」とか

 

「まだこのホテル行ってます」といった

 

ダンナの点検記録簿のようなものができあがる。

 

こんなのがあるとダンナにとっては非常に「不都合な真実」であって調停や裁判などでも心証は悪くなる。

諸事情にもよるが、不肖の探偵からみれば一気呵成(いっきかせい)、短期決戦で追い込もうとするとお金も「一気」に出ていくが、1~2年の単位で調査すれば支払いは分散されるので少しは利用しやすかろう、である。

実際、不肖の事務所ではこういう人が何人もおる。そのため「リピート」注文が多いという不思議な探偵である。

 

離婚を目標にして調査するにしても「今後の生活」についてのプランも持たずその時の「怒り」に任せて行動するのは賢明ではない。生活設計をよ~く考えてから離婚にしろ別居にしろタイミングを考えることが大事であろう。

 

栃木県民のソウルドリンクレモン牛乳