浮気や不倫は二股三股が当然になってきたようである

巷では議員の不倫問題で騒がしいが

うちもその影響で

●●議員不倫

といったキーワードでくることが多いのである。

 

ベッキーの時もそうだったし

テレビで浮気だ不倫だと騒ぐとキーワードに

「即・反映」

されるのである。

でも

そんなのが増えてもねぇ・・・・・・・・。

 

さて、そんな不倫騒動だけど

件の議員は何度もそんなことを繰り返しているらしいが

だいたい不倫や浮気なんぞは

回数を重ねるのが当たり前

のようになってきている。

 

初犯や前科一犯などは可愛いもので

多くの場合は

多重犯

だったりして情状酌量の余地なしである。

 

 

同時に何人もといった

多方面作戦

に長けているのもいるからやっかいである。

そういう輩の奥さんは

「去勢した方がいい」

などと言い出す始末である。

 

 

それでいてそれがバレないのである。

 

過去の依頼人と話しても

「浮気相手の名前を寝言でいったことはない」

とか

「間違えて知らない女の名前を言ったことはない」

というくらい

口の堅さは徹底している。

 

たくさんの浮気相手をいったいどうやって管理しているのであろうか?

相手の管理もさることながら

自身の健康管理も大したものである。

何人も相手にしていながら

「この体力」

「この集中力」

である。

 

 

ED改善薬を飲みながら

まさにドーピングで勝負に賭けるという

涙ぐましい努力にも頭が下がるのである。

 

まぁ、これはうちの場合に限るのかもしれないが

皆、50代男性なのでこういった薬の補助が必要らしいのである。

 

中には

3大改善薬すべてを使っている輩もおり

「発作を起こして相手の家で死んでくれ」

などと言い出す依頼人もいるのである。

 

さらには

同じようなドーピングダンナの公務員にも

「勤務中に発作を起こして死ねば遺族年金が出る」

などと本人には言わず私に言ってくる依頼人もいる。

 

 

しかし

相手が死ぬよりも先に

自分の方がまいってしまったり

家庭が崩壊してしまったりするので

調査して別居なり離婚なりするのである。

 

浮気するなら、繰り返すなら

「それ相応の覚悟」

が必要なのである。

 

 

まったく

EDのための薬はあるけれど

バカにつける薬はない

のである。

 

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s