恋人間の浮気や不倫



東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要、メールでの対応可。サイコパス・DVモラハラの浮気不倫調査、社員の素行調査、ストーカー調査、嫌がらせ調査その他


怪しい行動、怪しい素行。このままにしていても何も変らず、何も良くなりません。今、ハッキリさせることが大事です。



夫婦間の浮気調査をしていて
結婚して20年以上の夫婦の浮気を調査していると、交際している浮気相手が昔の会社の同僚だったり、大分以前の顧客であったりということがあります。
何十年もの浮気、不倫の関係が続いていたのです。妻である自分、夫である自分よりも「長い期間」親密に交際している誰かがいることに愕然とする人が実際にいます。

どうして「その時」判らなかったか
上手に恋人と浮気相手を掛け持ちしさらに、ウソをつき通すからなかなか見抜けません。しかしそういう浮気上手な”人達”でも共通してやっている事がいくつかあります。

恋人同士でも同じことがあります
恋人同士の時、すでにどこかに浮気相手、不倫相手が存在するケースがあります。つまり、相手は二股をかけて交際してるわけです。
結婚しているのに「独身」としたり、「離婚交渉中」といったりいろいろな形で「身分を偽り」ます。相手にとっては結婚したい相手ではなく「あなたも単なる浮気相手」なのかもしれません。 

実際に疑問をもって調査した例
その1 
結婚したいと思って交際している男性が自分の仕事の話しをまったくせず、そのわりには出張という名目で他県へ数日間出かけることが毎月のようにあり、さらには数週間程度音信不通になることがたびたびあるので調べたら女性と一緒に暮らしていた。              
その2
結婚の約束をしている実家暮らしの男性が、離婚した姉の子供の面倒を一時的に見ている、という話しだったが話しの辻褄が合わないことがあるので調べたところ、昔付き合っていた女性の子供を引き取っていた。

その相手は信用できますか
結婚して生活を共にするはずの相手に浮気相手、長く続く不倫相手がいたらあなたの人生は台無しです。     ましてその事を結婚して何年、何十年という月日が経ってから気付いたら絶望します。おかしい、ヘンだ、と思ったら勇気を出して調べてみることをお勧めします。




結婚したい人が不倫していたら

結婚してから恋人時代から続く不倫相手がいたことに気付く、そんな人が実際にいます。あなたがそうであったらどうしますか?
今まで依頼を受けて調査した中の60%ほどがそんな人でした。

気付くには余りにも遅く、失った時間や青春も戻ってきません。
結婚したい、と思っている相手に不審を感じたら調べてみることも必要な時代といえます。



浮気・不倫・ストーカー・離婚や調停の無料電話相談。1時間までなら無料。