終わり無き不倫の連鎖

不倫相手の浮気の相手も不倫だった
(愛知県、女性からの調査依頼)



職場不倫の女性からの依頼で、自分が不倫している男性が他所の女性と交際しているらしいので調べたい、といもの。
相手の男性が東京都内の営業所勤務のため当社に依頼してきた。

たいていの探偵事務所では浮気調査の場合「本妻から」の依頼でないとあまり受け付けない特殊なもの。

依頼人自身も家庭があり、相手も家庭があるのでW不倫であった。

予算の関係上、尾行張込みをかけることができないため唯一判明している相手女性の携帯番号から住所を特定できた。
そして相手には夫がおり子供もいることが判明した次第。


ここで依頼人は相手の夫に「不貞の事実を知らせたい」と言い出したが、それは脅迫になるかもしれないし、巡り巡って依頼人自身の行為だと判明しやすい状況であったため当社としてもそれを諌めた。
もし、それをすれば相手の女性、相手の男性、そして自分の少なくとも3組の夫婦に危機が訪れ家庭が崩壊するかもしれないものである。

さらにいえば、自身も不倫相手なのであるから「どこにそんな権利があるか」といえるものだった。

女性の場合、不倫相手の家庭を壊そうと直情的に動いたり考えたりすることが多いので難しいことが多い。
他の探偵事務所が受けたがらない点もここにあるが、受けない大きな理由は
不倫関係は、実際の夫婦関係よりも調査への熱心度が低く、お金があまり取れないということにあるようだ。