日替わりの浮気相手がいる夫

日替わりの浮気相手と別宅がある夫
(世田谷区、女性からの調査依頼)



仕事柄、交代勤務で勤務地が数ヶ所ある高額所得の男性。
家を出ると1週間はあちこちで勤務しそれぞれの職場で宿直となるが、
途中で職場を抜け出して浮気相手の家に泊まったり、勤務を他人と交代したりと「いつ、どこで、勤務しているか」というのがまったく把握できない変則的な状況。

家族が集めた情報から相手と思われる数名の女性宅を特定し、それぞれに張込みと尾行をすると対象である夫と密会を繰り返しているのが判明。
密会とはいっても調査対象の夫がそれぞれの女性宅に泊まり歩く実態が判明したもの。

このうち数名は夫自身が家賃や生活費を支払っていることも判り、さらに子供も産ませていたことも判明した。

しかし依頼人である奥さんは離婚はせず双方から慰謝料を請求する予定で弁護士と相談を開始した。
離婚しない理由は、夫の所得の多さ、「自分が離婚すれば浮気相手の女性が本妻になる」ことが許せないというものでした。