調査をお考えの皆様へ



東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要、メールでの対応可。サイコパス・DVモラハラの浮気不倫調査、社員の素行調査、ストーカー調査、嫌がらせ調査その他

浮気調査をするに当たって、重要なのは浮気相手と「いつ」会うのか、ということです。

双方が会うことで重要な証拠を集まることができます。
しかし、いつ会うかが判らずムダ足になってしまったり、調査が空振りになてしまったりと、費用ばかりが増えてしまうことが多くあります。

いつ会うのか判れば、それだけ経費が安く済みます


浮気というと年がら年中会っている人もいますが多くの場合、平日の夜、会社帰りに少し会うケース。

一番多いのが
「お互いの仕事が休みの日」に会っているケース。

ここを押さえるだけで効率的で安価な調査が期待できます。




東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要、メールでの対応可。サイコパス・DVモラハラの浮気不倫調査、社員の素行調査、ストーカー調査、嫌がらせ調査その他


当社では今まで多くの職業の人の浮気調査をお受けしてきました。
その中で、
土日の休日に逢瀬を楽しんでいる人が多いことに気付きました。
当然、土日が仕事の人もおり、その日を利用できる人ばかりではありません。
しかし、かなりの数の人が土日に浮気相手との密会を楽しんでいるのも事実です。


浮気調査の多くは、いつ会うか判らないため何回も調査員を出し、空振りを繰り返します。ここに調査費用が高くなる原因もあります。

それなら、ある程度行動を予想し、それに合わせて調査員を配置する方が効率的です。







 第1段階 どこに行くのか、誰に会うのか
 第2段階 相手とは親密な関係か
 第3段階 相手はどこに住む誰なのか。家族はいるのか

この3つの段階まで判明して証拠の写真まで揃えば不貞行為を立証するためには材料不足ですが十分な攻撃材料となります。

 第4段階 ホテルに行くか、相手の自宅へ行くか
 第5段階 二人で泊まりの旅行に行くか
 第6段階 これらのことを何回繰り返すか

4~6段階までの証拠が揃えば弁護士も納得。

一般の調査では1~6段階までの調査がセットだから料金が高くなります。
調査自体を前半(1~3段階)後半(4~6段階)に分けて考えると効率的です。




当社では現在、浮気調査に限定すると、土日祝日の狙い撃ち調査が半数以上を占めています。
平日の退社時刻を狙っての調査よりも密会現場を押さえる確率は高く依頼された方の満足も得られています。



東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要。