車両尾行を安全確実にできる

車の尾行や監視を行うことは非常に難しく、危険を伴います。
ここでは「自家用車」を利用する相手について説明します。

テレビや映画では難なく後を尾けることができますが、現実は大きく違います。下記によくあるケースを紹介します。

 尾行する相手の車が

赤信号を無視して交差点を通過した
右左折レーンを無視して直進した
ウインカーを出さずに曲がる
無理な追い越しを繰返す
一般道や高速道路で制限速度を無視して突っ走る
高速道路で車線変更を繰り返し走行する
道路脇に止めたりコンビニの駐車場に幾度も入り周囲を警戒する
周囲に走る車が無い場所を走る




このような走り方をする車を「安全」に尾行することはできません。
また、離れまいと尾いていけば尾行していることが相手に判ります。

「危険が予測される場合は尾行を中止する」旨を契約書に謳っている探偵事務所はたくさんあります。
探偵が尾行中に事故を起しては意味がありません。
これではせっかく尾行できたのに諦めることになり悔しい結果になってしまいます。

そこで安全に確実に車の走行や行き先を監視できるGPS発信器の利用が効力を発揮します。


GPS発信器利用のお勧め

24時間安全に監視できます
一旦取り付けたら24時間の監視下に置かれます
最大1分毎に発信します
「今どこにいるか」とその都度検索する必要はありません。発信器が常に居場所を通知(住所を表示)します。
探偵が監視します
調査をしている探偵が監視をし、車の移動先に向かい現地で調査を続けます。
移動停止状況は常に把握
車の移動や駐停車の状況が常に判ります。
発信器の誤差の範囲は
最大で20メートル前後、通常であれば誤差数メートルの範囲ですのでほぼ確実に仕留めます。
移動状況をレポートに
ご利用後、GPSが発信した住所を報告書の形でお渡しできます。
ご利用料金についてはお問合せください
通常の調査とセットでご利用いただきます。

ご利用にあたっては、夫婦間、正当な理由での調査が対象となります。また、取り付けにあたっては依頼人の同意書と指示書をご記入いただきます。





発信器などは使わず、相手の車を尾行するにこしたことはありません。しかし、昨今の交通状況、相手の運転状況などから車両尾行はどんどん難しくなっています。

「高齢者だから尾行できる」「運転はヘタだから大丈夫」と依頼人が言う時がありますが、それは依頼人が見ている時のことで、実際の運転ではまったくの別人になることもしばしばです。




浮気・不倫・ストーカー・離婚や調停の無料電話相談。1時間までなら無料。