よくある依頼の調査方法の紹介

探偵というと「浮気調査」ということで知られていますが、どういった浮気調査が来るのか?他にはどういった依頼が来るのか?それらに対してどのような調査をしているのかを簡単にご紹介します。

調査方法はいろいろありますが、あくまで一般的な方法を掲載しています。また、その方法によっては料金が高額になってしまうものもあります。


一般的な浮気調査
  • 夫や妻を尾行や張り込みをして浮気の証拠を取り、その相手の住所氏名を調べる
  • 「怪しい行動」をした日に通話した相手の電話番号から住所氏名を調べ、相手の素性を調査する
  • 夫や妻が同乗していた車のナンバーからその所有者の住所氏名を調べ、相手との接点を探すために尾行や張り込みをする
  • 夫や妻の出張・遠出・旅行に行く場合、尾行により行先を確認し、現地での行動を映像等に記録する
  • 夫や妻が自分の車で行動する場合は、その車にGPSを取り付け監視する。また、事後ドライブレコーダー等の記録を確認する

不倫相手の浮気調査
不倫関係にある相手が自分以外と浮気している場合
  • 一般的な浮気調査と同様に、相手を尾行や張り込みで監視する
  • 不倫関係でも慰謝料請求(損害賠償等)ができる場合は、その相手の住所氏名を特定し「その後」の手続きに必要な情報を収集する

姿を消した人の所在調査
  • 家出や失踪等の場合は、銀行預金の引き出し場所を調べ出没場所を推定または特定する
  • 土地勘のある地域、以前住んでいた地域などから推定して現地を調査する
  • 風俗業界にいるのであれば、その業界の従業員情報を調べる

元社員の所在調査
元社員が不正をしていた等の理由でその所在を知る必要が出た場合、その他の理由で現住所を知る必要がある場合
  • 当時の住所から順を追って調べ現住所に到達する
  • 携帯電話番号から住所を調べる
  • 姿を現すチャンスを捉えて尾行する

自身や家族の交際相手の素性調査
  • 携帯電話、車のナンバー等から住所氏名を調べ、その家族構成を調べる
  • 必要であれば過去に遡って履歴を調べる
  • 反社会勢力(いわゆる暴力団)との関係を疑う場合は同時に調査する
ストーカーや嫌がらせ
警察が行動をしてくれない場合、自分が行動して犯人を捕まえるか、特定し証拠を取って警察に訴えることになります。
  • 相手が不明の場合は、依頼人本人を尾行張り込み等で監視し、接触する人物や嫌がらせ行為をする人物を確定させて、本人の尾行監視によって住所氏名を確定する
  • 不在時の器物損壊や侵入に対しては、監視カメラの設置などで証拠映像を記録します

暴力団を名乗る人物からの脅迫
  • 名乗った時点で脅迫となり得ます。警察や弁護士に相談することがベスト
  • それができない場合、「相手が本当にそうなのか」を調べることも可能です
脅迫とは「脅し」で「~をしろよ」です。しかし、「~しなければ~するぞ」「~しなければどうなるか判っているだろうな」となると「脅迫行為によって行動を強制する」ことになり脅迫罪よりも重い強要罪になります。

差押さえのための口座調査
  • 相手の口座が判らない場合は、調査で当人名義の口座とその残高を明らかにします


浮気調査、素性調査、素行調査、人探しについて東京の探偵にメールで質問する