浮気と離婚について


東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要、メールでの対応可。サイコパス・DVモラハラの浮気不倫調査、社員の素行調査、ストーカー調査、嫌がらせ調査その他


「浮気で離婚」とカンタンに言いますが
その道は険しいものです


離婚の訴えが成立するためには

民法の770条では

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他、婚姻を継続し難い重大な事由があるとき


まり、これらの理由のどれかに該当する場合に限り離婚の訴えが可能です。
 
  1. 不貞についてはいうまでもなく「浮気」
  2. 「悪意での遺棄」とは生活費を渡さないなど
  3. 生死不明は行方不明など
  4. 「どの程度のレベル」かは不明
  5. よくある性格の不一致、暴力、性交不能など

といろいろな状況があります。



判例が認める「不貞行為」とは?

探偵に依頼がくるのは「不貞行為」に関する調査なので、この不貞行為を説明します。

旧法では「貞操義務」という文言がありましたが現在は明文規定がありません。
しかし、不貞行為や重婚を禁止しているので「貞操の義務」は法律上の義務として考えられていて「夫婦双方」に課されています。


貞操義務とは? 「性的純潔を守る」義務ということです。



不貞行為、つまり浮気や不倫は過去の判例では


配偶者のある者が、
自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことであり相手方の自由な意思に基ずくものであるかは問わない


となっています。
強引に結んだ性的関係は「不貞行為」となりますが
強引に結ばされた相手は当然ですが「該当しません」。

裁判所に配偶者の浮気や不倫といった不貞行為を認めてもらうには次の2点が大事です。



東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要、メールでの対応可。サイコパス・DVモラハラの浮気不倫調査、社員の素行調査、ストーカー調査、嫌がらせ調査その他







これは不貞行為?

異性と二人だけで食事する、二人だけで映画を観に行く

不貞行為として認められ難いようです。
しかし、これが毎週毎週何年にも渡ってという場合は考慮の対象になり得ます。


ソープやデリヘルを頻繁に利用する


不貞になります。
日本では売春防止法により「本番」といわれる性交渉自体が禁止されていることになっていて、法律上は性交渉はあり得ない。
であるならばソープやデリヘルも性交渉がないので不貞には当たらない、といった話しがありますが
プロ相手であろうが妻が相手にしてくれないから、であろうが「即・アウト」です


浮気とみなされるケース

●風俗店に行く
●異性とラブホテルに行く
●異性と同室宿泊した(旅館でもビジネスホテルでも)
●異性の家に宿泊した

異性と二人だけで密室空間を共有する
ということは

性的関係があったと類推できる
と判断されて不貞行為に該当
 



 
このような証拠を集めるために探偵は調査をします




浮気の現場はどこにある

男の浮気は会社の帰りや休日、主婦の浮気は平日の昼間に決まっている、と思っていませんか?

仕事によっては昼間の方が行動しやすい人、夕方から夜に浮気する女性もいます。それぞれ行動しやすい時間で自由に動いています。
探偵はそんな彼等の行動に合わせて動き、密かに調査しています。

調査しようと思ってもまずは予算が一番の悩みです。
あなたの予算に合わせてムリ・ムダの無い調査方法を考えますのでご相談ください。



浮気・不倫・ストーカー・離婚や調停の無料電話相談。1時間までなら無料。