調査中断と失敗のリスク


東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要。



探偵の調査では尾行や張込みが非常に多くなりますが、その過程で「やむを得ず中断する時」と失敗となるケースの二つがあります。

失敗は言語道断ですが、調査の中断は今後のことを考えた場合「決断の必要」が出てきます。代金をいただいて調査している側としては非常に心苦しいものです。

調査の失敗
調査していることが相手にバレたら失敗です。相手にバレたら次からは警戒心が増し、行動を控えるかさらに秘密裏に行動します。
行動が続いていても周囲への警戒は格段に上がりますので次のチャンスは無くなるか、警戒が緩むまでかなりの期間を必要とします。

  
失敗ではないが中断となる状況
  • 雑踏の中で相手を見失う
  • 他の出入り口から出てしまう
  • 相手車の間に他車が入り込み車間が空き見失う
  • 電車やバス、タクシー等での予期せぬ乗降
  • 探偵自身が警察の職務質問で足止めを食い見失う
     等などいろいろな形で中断は発生します
     
調査中断となる状況
「これ以上続けると相手にバレるかもしれない」    「これ以上は事故の危険がある」                
こう思った時には調査を中断する必要が出てきます。多くは次のような状況の時です。         
     
  • 電車等で下車するつもりが無いのに頻繁に駅での乗り降りを繰り返したり、別のドアや車両への乗替えを繰り返す
  • 町中で人通りの少ない路地や小道へ頻繁に入り徘徊する
  • 車での移動で追い越し車線を猛スピードで走り続ける
  • 一般道や高速道で車線変更を頻繁に行う
  • 車や徒歩の時に信号無視を繰り返す
  • 車で移動の際、頻繁にコンビニ等の駐車場に入る

    
これ以外にも予期せぬ形で中断を決心する時があります



東京、神奈川、埼玉、千葉、多摩地域、市、区の浮気不倫調査、来社不要。