探偵の「便利屋的サービス」紹介

探偵をしているが、探偵以外の依頼もずいぶんやってきます。

過去の依頼人からもあるし、ホームページを見て連絡してくる人もいます。

探偵事務所オリザリサーチでは、いったいどんなサービスがあるか紹介します。

1.相談相手

2.話し相手

3.付き添い

4.同行

開業当時から「裏メニュー」のサービスとしてこういったことをしています。

 

相談相手・話し相手は

そのものズバリで「話しを聞く事」。

探偵らしく、調査や浮気・離婚問題についての相談もあれば、うちの事務所の特徴的分野のメンタル系、サイコ系の人についての相談もあります。

 

付き添いというのは

離婚等をして病院へ一緒に行く人がいない時、特に手術等で付き添いが必要な人が依頼してきます。

調査して離婚して、バツイチ・シングルになって誰も頼める相手がいないくなるケース、というのは実際に起きています。子供はいない、親族との付き合いも無いというケースでは頼める人がいないので「付き添い=手術等の付き添い」として受けています。

 

同行というのは

一緒に行動してどこかに行くことなので読んで字の如しです。

調査や、それに関連した問題で相談を受けた人からの同行依頼というのがあります。

お茶する、食事する、酒を飲む、といったことの他に「ドライブに連れて行く」というのもどういう訳かあります。

特に、調査や相談をすると「その人の」深い部分まで知ってしまうせいか、古くからの知り合いのようになってしまうせいか、こういったサービスは多岐に渡っています。

 

料金について

●電話での話し相手

最初の30分は無料、その後会費として「年間1万円」

●面談での話し相手

出張料+「1時間5千円」(飲食料金は全額依頼人負担)

●付き添い

出張料+「1時間5千円」(掛かる経費は全額依頼人負担)

●同行

出張料+「1時間5千円」(掛かる経費は全額依頼人負担)

 

料金は契約時に全額先払いです。

 

探偵なのですべては「秘密厳守」です

依頼や内容の相談・問い合わせは「電話かLINE@」で連絡してください。

探偵の便利屋

うちは探偵事務所なので調査するのがメインであるが、

過去の依頼人やyoutubeを見た人達から相談や探偵以外の仕事を受けることも多い。

相談であれば電話がメインなのだが、出向いて相談というのもある。

 

50代60代以上の女性であれば「一緒にお茶しながら」というのもあるし、

「一緒に食事しながら」というのもある。

相手の希望に沿って、出向いて相談するなどと言うと「便利屋」のような感じである。

まぁ、それで相談者や依頼人の心が落ち着いて、生きる望みが出てくるのであればそれでヨシ。

 

もちろん出張料などの料金は頂いているが、

うちの事務所はいったいどこへ向かっているんだろうか?

車のフロントガラスに大きなヒビ割れができた話し

ずっと前から車の助手席側フロントガラスに小さな傷があったが、

その傷が拡大してついに1メートルくらいの長さのヒビ割れになってしまった。

イヤイヤ参った参ったである。

走っている最中にどんどんヒビ割れが伸びて運転席の前にまで到達。

ゴールデンウイークの真ん中で業者は休みだし、交換は来週まで待つしかない。

目立つヒビ割れだが、そうそう気にはならない。

しかし、ヤケに貧乏ったらしい車に見えてきたのである。

 

便利屋の探偵と探偵の便利屋

不肖は探偵を本業としている。正真正銘の探偵である。

探偵をしている人の中には、便利屋が探偵をしているケースもある。

便利屋だから色々する都合上、探偵の許可を取って営業しているわけだ。

 

ところが、うちも探偵を本業としていながら便利屋のようにいろいろ頼まれることもある。

過去の依頼人やら相談者からの頼まれ事である。

相談もそうだし、カウンセリングのようなこともそう、さらにはコーチングもしている。

さらには、お茶する、食事する、ドライブするというのもあったりする。

書類作りを手伝う、データ調べを手伝う、なんてものもあるし、

医者へ薬をもらいに行く、個人の写真撮影、というのもあった。

 

いったい「何の商売」をしているのかよく分からないが、提供できる事は何でも引き受けている次第。

便利屋の探偵はいるだろうが、探偵の便利は珍しいだろうな。

 

久しぶり投稿

去年4月にサーバークラッシュしてブログデータが消えてしまって以来、youtubeに全力投球していたのでこちらは閑散とした状態であった。

時々書き込む程度でほぼ「閉店状態」。

そのためか、ブログを見ていてくれた人からは「ついに倒産したか」とか「病気で倒れたか」等と連絡が来る始末。

その都度事情を話していたが、やっぱり書かないと「生存確認の連絡が来てしまう」とので、これから心を入れ替えてセッセと書くようにする。

書くとはいっても、以前のように長々と書き続ける力は出せないので、ツイッターよりは長い程度の話しで続けようと思う。