DV・虐待と浮気だったらどっちが離婚しやすいか考えてみる

浮気やDV、虐待などで離婚を考えている人は多い。

しかし離婚後の問題や、生活していけるかといった問題でそれを躊躇する人も多い。

そりゃ当然だろうが、その前に「自分の精神がもつか」、「自分の命がもつか」と言った瀬戸際の人も中にはいる。

そういう人にとっては、将来の問題よりも「今」をどうやって生き抜くかということの方が先決問題であろう。

続きを読む

オリザリサーチ最近の動向

コロナのまん延と共にうちの仕事も変わってきて、調査依頼というものがだいぶ減っている。

調査依頼といっても尾行張り込みといったものが減っていて、所在確認や行方調査、浮気相談やら離婚相談、メンタル系の人についての相談はやや増えている。

今年の4月にこのサイトがダウンして、過去データすべてが消えてしまって以来ブログの更新も停滞気味である。

去年から始めたyoutubeの方が忙しくこっちまで手が回らないのが現状。

続きを読む

DV・虐待で離婚する時に「証拠」として使える事、合法的な離婚とするために必要な事

離婚事由、と法律では言われる「離婚する時の理由・原因」というものがある。

これは、

離婚するに当たって必要な法的な理由、言ってみれば合法的な離婚をするために必要なこと。

「離婚したいんです」といって「ハイ、そうですか、OKです」といったことはあり得ない。

離婚するにも法律で決められた内容、状況といったものを満たしていないと「合法的、正式」な離婚とはならない。

ついでに言えば、結婚したら法的に守らなければならない事、義務というものも民法752条で決められている。

続きを読む

離婚する時に必要な「取決め」を知っているか

浮気発覚などで離婚を決心する人が多いけれど、その後の「取決め」という難所がある。

子供の養育費や慰謝料の支払いばかりでなく、財産分与、年金分割、子供との面接権といった事の取り決めのために交渉しなくてはいけない。

相手がマトモに交渉に応じるなら問題ないが、マトモではな夫も多いので夫婦二人だけでの協議離婚が難航することもある。

難航すれば決めることができないので弁護士を入れることになる。

続きを読む