自己愛者の攻撃がさらに酷くなるとこういうことになる

YouTubeに傾倒しすぎて文字を書くことがどんどん疎かになってしまい、気が付けば最後に更新してから半年近くが過ぎてしまった。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉に従い「一兎」だけを追っていたと言えば弁解であろう。

 

この半年の間でも、自己愛がきょうれる過ぎる夫から逃れる何人もの奥さんの手助けをしていたが、自己愛性パーソナリティ障害とは思えないようなヒドイ夫というものも見たり聞いたりしてきた。

 

自己愛であれば、自分への注目や賛美、支配下に入る等であるが、相手となる奥さんを徹底して潰す壊すがメインのようなダンナが随分と出没してきた。

指示を出す、それをすれば「そんなことは言っていない、何を聞いているんだ」と罵倒したり

 

掃除をしろと指示を出し、「なんでそれをしている晩飯を早くしろ」と二重命令いわゆるダブルバインドで縛ったり

 

オマエはそんなことも分からないのか、オマエはバカか、といった罵詈雑言の連続だったり

 

何かしていると何も言わずに近くを通って、間違いやミスが無いか指摘するようなことが無いかチェックしたり

 

こんなことをしているオヤジがどんどん湧いてきた。

 

こういったことはDVに該当するし、その中の項目「精神的虐待」つまりはモラルハラスメントに相当する行為なのである。

がしかし、それを奥さん自身が知らないから「怒られる自分が悪い、注意される自分の落ち度」と考えて毎日ビクビクした生活を繰り返し、それを何年も何十年も続け、ホンモノの奴隷になってしまっている。

奴隷になったら次はもっと面白い遊びを考え出すのが「冷酷な自己愛者」であるので、今度は奥さんが潰れていくように訳の分からない命令を出し続け、怯えた日々を続くように仕向けて行く。

こうなると哀れな奥さんは本当の病院送りになってしまう。

 

早く気付けば回復可能であろうが、その酷さに気付かずダンナの言うがままに生きていくことでつには精神崩壊、精神が破壊されてしまうのである。

なにしろ「何をDVというのか」「どれがDVか」「モラハラの問題点」ということを全く知らない人のだから、そういう人がたくさんいるのも理解できる。

酷くなって自殺する人もたくさんいると思うのだが、実態は誰にも知られないということが恐ろしいものである。

 

 

探偵の「便利屋的サービス」紹介

探偵をしているが、探偵以外の依頼もずいぶんやってきます。

過去の依頼人からもあるし、ホームページを見て連絡してくる人もいます。

探偵事務所オリザリサーチでは、いったいどんなサービスがあるか紹介します。

1.相談相手

2.話し相手

3.付き添い

4.同行

開業当時から「裏メニュー」のサービスとしてこういったことをしています。

 

相談相手・話し相手は

そのものズバリで「話しを聞く事」。

探偵らしく、調査や浮気・離婚問題についての相談もあれば、うちの事務所の特徴的分野のメンタル系、サイコ系の人についての相談もあります。

 

付き添いというのは

離婚等をして病院へ一緒に行く人がいない時、特に手術等で付き添いが必要な人が依頼してきます。

調査して離婚して、バツイチ・シングルになって誰も頼める相手がいないくなるケース、というのは実際に起きています。子供はいない、親族との付き合いも無いというケースでは頼める人がいないので「付き添い=手術等の付き添い」として受けています。

 

同行というのは

一緒に行動してどこかに行くことなので読んで字の如しです。

調査や、それに関連した問題で相談を受けた人からの同行依頼というのがあります。

お茶する、食事する、酒を飲む、といったことの他に「ドライブに連れて行く」というのもどういう訳かあります。

特に、調査や相談をすると「その人の」深い部分まで知ってしまうせいか、古くからの知り合いのようになってしまうせいか、こういったサービスは多岐に渡っています。

 

料金について

●電話での話し相手

最初の30分は無料、その後会費として「年間1万円」

●面談での話し相手

出張料+「1時間5千円」(飲食料金は全額依頼人負担)

●付き添い

出張料+「1時間5千円」(掛かる経費は全額依頼人負担)

●同行

出張料+「1時間5千円」(掛かる経費は全額依頼人負担)

 

料金は契約時に全額先払いです。

 

探偵なのですべては「秘密厳守」です

依頼や内容の相談・問い合わせは「電話かLINE@」で連絡してください。

夫の浮気調査を依頼する奥さんの本音

ダンナが浮気しているから、ということでその調査をしていると依頼人である奥さんの愚痴をよく聞く。

曰く、ダンナは勝手なことばかりして、自分は育児が忙しい

曰く、勝手に浮気して他の女の面倒みて、私や家の面倒はぜんぜん見ない

曰く、スキンシップは外の女とだけ、それは外注、アウトソーシングだろ

曰く、だったら私のもアウトソーシングしてやる

と、こんな風に怒って愚痴をこぼす。

 

浮気して他所の女のことばかり見てないで、自分の奥さんの面倒をちゃんと見ろ!と言いたいもんだ。

こんなこと言って来る人は、30代40代ばかりでなく、50代やそれ以上だっている。

そうして彼女達は総じて、「ダンナは私を女と見ていない」と言っている。

結婚したんだったらアフターサービスもしろよ。

 

DVはこんなことをしている

浮気調査でよく出くわすDVだが、自己愛性パーソナリティ障害、境界性パーソナリティー障害といった傾向があると浮気をよくする。

というかほとんどが浮気とセットになっていたりする。

DVといっても物理的暴力、心理的暴力、性的暴力、経済的暴力、社会的隔離などいろいろあって、それらがDVと法律で指定されている。

周囲の人にも分り易いのが殴る蹴るなどの物理的暴力。

不肖の探偵事務所で浮気調査した人の中にはこんな暴力を受けていた人もいる。

一部を紹介してみよう。

1.殴られて頬骨骨折
2.ビール瓶で頭を叩かれ、頭頂部裂傷
3.丸めた毛布で殴られ、腰骨骨折と頸椎捻挫
4.寝ている時に圧し掛かってきて、クビを絞められ窒息寸前になったところを家族に助けられた
5.回し下蹴りで大腿骨骨折
6.喉元をを押さえつけて壁に押し付けられ頸椎骨折で下半身不随
7.胸を殴られて肋骨骨折
8.顔面を何度もパンチされ前歯4本を折られた

こんなのを食らったたたまったものではない。

内臓へダメージを与える攻撃は今のところ遭遇していないが、これだけでも殺意アリと思える内容。

 

離婚問題・DV被害についての相談を受けています

オリザリサーチのサービス案内

お問い合わせはページ上段の「LINE@」から

 

浮気・DV虐待で疲れ切ってしまったあなたへのサポート

 

離婚のための証拠作成

浮気による離婚問題はもちろん、DVや虐待での離婚という問題でも「証拠」が必要になります。

浮気の証拠は分かりますが、DV虐待での証拠とは何でしょう?

 

それは、過去からの時系列で表した「被害一覧表」を指します。

弁護士への説明や裁判で「あんなこをされた」「こんなことを言われた」と言っただけでは証拠になりません。

 

配偶者の発言や行動の「何」が婚姻を継続し難い重大な事由で、それがどういう意味で婚姻関係を壊しているのか、といったことを言葉で文字で書き表し証拠とします。

過去の記憶を辿り、言葉や行動を思い出す作業は誰がしてくれるのか、というと「自分」がするしかありません。

ほとんどの場合、弁護士はできあがった資料を受け取るだけです。

そして、そこから必要と思える部分を抜き出して使うのです。

資料作成には長い時間がかかります。

思い出す作業だけで「嫌な過去を思い出し」さらにはフラッシュバックを起こす人もいます。

オリザリサーチでは、苦労する資料作成の補助、アドバイスを有料にてお受けしています。

もちろん、探偵としての浮気調査もお受けしています。

 

自己肯定感アップのコーチング

DV被害を受けた人の多くは、罵られ・人格否定され・奴隷のような生活を繰り返すことで自分を過小評価するようになってしまいます。

自分の存在を否定するようになってしまう人もいます。

それを改善するのは自分で自分を認めることが必要ですが、それがなかなかできず皆が苦労しています。

 

 

自己肯定感アップのためのコーチングは、あなたが自分自身を認めることができるようになるためのお手伝いをするものです。

気持ちの切り替えができるように、自分で自分を褒めることができるように、もっと楽な気持ちになれるように。

自分を肯定的に見ることができるように、自分の良い点を発見できるように、自分の努力を認められるように。

こういったことができるように、あなたをサポートします。

 

お問い合わせはページ上段の「LINE@」から