不倫関係であっても交際相手の「浮気調査」をしたい現実

浮気調査というと「配偶者から」が当然だろうが、不肖の事務所の場合「不倫相手から」というケースも多い。やはり誰しも「自分以外」の誰かがいると嫌なのであろう。

大多数の探偵事務所では「不倫相手からの浮気調査」というのは受けないようになっているらしい。「らしい」というのはこちらから他社に聞いたことも無いし、相談してくる人が「そう言われた」ということでなので”そうなっているらしい”と思っているだけで事実は判らない。

最近も書いたが、不倫相手が浮気しているらしい、と言って調査の依頼をしてくる時はだいたいが「不倫関係の終わりが近い」状態になっている。楽しい日々を過ごしている時に「他に誰かいる」等とは思わないが、だんだんと扱いが雑になってきたり会う間隔が間延びしてくると「うすうす」勘づいて浮気を疑う。浮気を疑うというのもおかしいが、「自分以外に誰かいる」ということを疑うことになる。

女性の場合、誰かと競合した時に「相手を追い落とすために」というのは稀で、多くの場合は「現実を知って男を捨てる」ための儀式が浮気調査ともいえる。

これが男性となるとまた違う行動に出るようだが、男性からの依頼を受けたことが無いのでわからない。相談までは受けたことがあるがどれもこれも「オレの女が他の男と浮気しているらしい」といったニュアンスで言ってくるのでどうもね・・・。オマエの持ち物ではなかろう、と思うしそんな風な言い方自体がイマイチ「気が失せる」要因かもしれない。

 

女性の場合は「捨てられる」ことへの怒りや、自分を騙してまで他の女性と付き合っていることに怒りや絶望があるように感じる。まぁ「だったら奥さんはどうなんだ?」と言われるだろうがそこは「浮気の事実を知らない奥さんは放っておいて」ということで済ますしかない。そもそも「お宅のダンナ、あちこちで女に手を出してますよ」などと忠告するわけにもいかないし。

本来なら奥さんが「自分のダンナ」をしっかり管理していないといけないのだが、放し飼いにしたり、無視したり、放置するので周囲が迷惑することが多い。

相手女性もそういう輩に引っかかったのか合意の上かはワカランが、賞味期限がきたと言ってさっさと捨てたり、他にいいのが出てきたのでオシマイではイカンだろ。女性の側も「それでヨシ、次を探そう!」というのであれば何も言わないが大部分の女性は「諦め」が付かない。

だからこそ「自分以外」に相手がいることを知り、相手の男にハッキリと「じゃぁね」と言って別れたいから調べたり、「バカにすんなよ」と捨て台詞を言うために調べたりと、心の中で「けじめ」というか「踏ん切り」をつけるために事実を知ろうとする。そうじゃない人も多いだろうが今まで依頼してきた人たちはそうであった。皆、何かしらの「仕打ち」をしたいのであろう。

こういう気持ちになるのは「若いからだろ」と思うだろうがそんなことはない。40代50代だってあるし60代も同じである。

ある日突然、訳も判らず「捨てられる」よりは自分の方が先に「男を捨てる」パターンを選んでいる、ということを知らずにいい気になっているオッサンというのは多い。きっと今日もどこかで「女に捨てられて」いる男はいるだろうな。

 

 

泣いている