オッサンが自ら浮気しているのか、それとも相手の女性に「浮気させられて」いるのか

妻の側からみればどちらにせよ「同じこと」であるが、実態はどうなのか? まぁこんなことを考える探偵なんぞ世の中におらんだろうが。

自ら進んで浮気するオッサンというのは「精力絶倫」で「獲物」を獲得していないと落ち着かないような連中であろう。当然探偵はこんな輩をたくさん見てきた。

では逆に、相手の女性に「唆され」たり、「引き寄せられ」たりしてくっついていくような輩とはどんな連中なのだろうか?

癒しが欲しい、優しさが欲しい等といつも言っているような人は時として「魔性の女」に引っかかるのである。相手に「ゾッコン」となって、どんどん時間を割いて相手のために「尽くす」、または相手に「会うため」に都合をつけていくのである。時間も使うが金も使うことも多かろう。

癒してくれる優しい女性、と思って交際が始まるが実際は「相手の魅力」に引き寄せられているだけで「優しい」と勘違いしているだけのものもある。でも結局は絶倫連中と同じように「体の関係」があって成り立つようなものである。または「その関係」を餌にして引き寄せているのかもしれん。

中には相手女性がそんなことを「考えもしていない」のに男性が勝手に引き寄せられていくこともある。男性の方が「助けてあげたい」と思ってしまうような仕草や言動、態度をとる女性がその例かもしれん。

人は「見た目」で判断することがほとんどなので、「イケそうな女性」「助けてあげたい女性」でドツボに嵌っていくように思える。会社でも近所でもきっとこういうタイプの女性はいると思う。

実際に浮気調査して相手を確認して二人の様子を見ていて「なんとなく」こんな弱々しい感じの女性だった、ということもよくある。どちらかというと「弱々(よわよわ)タイプ」との浮気の方が長く続いているのは確かである。5年10年と続き、さらには発覚して慰謝料取ったのにまだまだ水面下で続いていたというのも何人もいる。

ではどちらが危険か、と考えても意味がない。どちらにせよ浮気に発展していくのだから妻の側としては発覚したら「それなりの対応」をするしかないのは当然のことである。

 

花