60代70代だって浮気するが「金」の問題に直結することがある

「歳とったから大丈夫だろう」等と思っていたら甘い甘い、止めるにはまだまだの年齢である。まぁこの辺の年齢になると浮気よりも長く続いた不倫というのが多いけれど。

 

高齢化のせいか浮気や不倫というのも高齢化が顕著である。若い時から続いていれば当事者も歳をとっていくわけだから当たり前か。若い時からあちこち手を出していたのが「いまだに」続いているという人もいるが、けっこう長い期間の不倫関係というのがやはり多い。

ホントに長く続いていてもはや「疑似夫婦」と言ってもよいような関係を維持している。どっちが本妻かワカランような組み合わせもある。

しかし、このくらいの年齢になると浮気、不倫だけが問題になるわけではない。

資産(預貯金や不動産)を持っている場合、いつのまにか「愛人」に資金移動していた等という事態も起きているのが現実である。「只の」浮気であればまだ良いが、目的が資産であったらトンデモナイ結果が待っている。年金だって狙われているかもしれない。

狙われているのか、それとも「自発的」に分け与えようとしているのかワカランが、そこから家族間で揉めてしまうことがある。資産が無くても年金を貢いでしまって夫婦間で揉めたりもする。

高齢の夫が亡くなってしばらく経ってから「愛人だった」と名乗る女性が家にやってきて「こんな約束した」「こんな手紙がある」などと言って遺産の分配や慰謝料を要求するケースも現実に起きている。ドラマでしか見たことないような事が実際に起きているのである。

男も歳とってくると「年下の女性」に甘くなってどんどん貢いだりするし、「何か残してあげたい」という気持ちが湧いてきて「一筆書いて」しまうこともある。女性も同じなのかもしれないがやはり男の方が甘いと思う。

歳とると誰しも「寂しい」し「話し相手が欲しい」し、「自分の話しを聞いてくれる相手」を強く求める。悪い奴等はそこを突いてくるから始末に負えない。付き合っている相手次第だろうがよ~く注意して見極める必要がある。

 

年金や貯金を貢ぐ男もいる

ここから相談できます

メールアドレスと本文だけでOK