出た! 新型コロナ騒ぎを利用して「浮気相手」を乗り換える男たち

新型コロナ肺炎で観光地も人出が大きく減っているようだが、この自粛ムードをうまく利用して乗り換えを実行している輩がいる。

今の相手よりも「いい」のが見つかりそろそろ捨てようかと思っていたり、長い交際で飽きてしまっていたりと「乗り換え」願望があった男連中が最近のコロナ騒ぎを利用して「疎遠」を演出している。

「早く家に帰らなければいけない」「会社も学校も休みで家族が家にいる」「家族サービスを今まで以上にしなければいけない」などの理由を言って今まで付き合っていた浮気相手と会わないようにし、だんだんと疎遠になったり、今まで頻繁に連絡したいたのを減らしてきているのがいる。

傍目には「浮気を止めて真っ当な生活になった」とも思ったりするが、そうではなく今までなかなか切れなかった浮気相手の「在庫一掃」だったりして当の浮気相手たちを大層怒らせている。

普段平時の時であれば、別れたり捨てるのはタイヘンだが現在のような有事の状況では「会う回数を減らす」「連絡回数を減らす」などが簡単にできるので「これ幸い」と切り捨てが起きているようである。

こんな非常時でも「同じ相手」とホテルへ行くアホもいれば、こんな非常時を利用して在庫一掃を図る大バカ者もいるわけだ。探偵も傍から見ていて「実に浅ましい」としか思えないくらいの連中が現れている。

こんな事案の発覚は「ある不倫女性」からの調査依頼であった。毎日のように帰宅途中に寄っていたのがいろいろな理由をつけて寄らなくなり、さらに連絡も極端に減ったのを怪しんで「ちゃんと帰宅しているか」の調査を依頼してきたのである。

普通に考えればちゃんと帰宅しているはずであるが、まったく違う方向へ向かい、まったく違う家に入って、まったく違う相手と一緒なのであった。日を追って見ていくと「立ち寄る家」がチェンジしていたのであった。今までの相手とは「自粛」していたわけである。

長い間関係を続けてきて、「そろそろ飽きた」「あっちの方がいい」などと思っている連中は世の中たくさんいるであろうが、皆その切り替えに苦労してきていた。そこにこんな騒ぎが勃発である。このチャンスをおおいに利用して乗り換えに挑戦しているのだって実際にいるのである。まったくスマホの乗り換えセールじゃあるまいし、情けないったらありゃしない。

 

高崎駅