渡辺謙も浮気か・・・・・

週刊誌に渡辺謙の浮気記事が出ていた。

浮気話しを幾度も見たり聞いたりしてきた者としては

ほうほう、そうか

程度の問題であるが、別の見方もしてみるか。

 

浮気とか不倫でどうのこうの

という記事自体には興味ないし

これがお互い本気で付き合っていても興味もない。

 

ただ

よくあるハニートラップだったら怖いわな。

相手の信用失墜だとか

相手が持つ情報を得るために使うのがハニートラップだが

その場合、

部屋の中に隠しカメラが仕掛けてあったり

それがホテルなどであれば

部屋の大きな鏡がマジックミラーだったりして

その裏側からビデオを撮っていたりする。

 

そうやって弱みを掴めば

だいだいの男は言いなりになってしまう。

過去、数多の男たちがその手口でワナに嵌められ

スパイの片棒を担いできたのである。

 

そもそも人の最大の弱みというのが

セックススキャンダルだそうで

これを握られるとどうにもならんようである。

 

 

 

ハニートラップというと

を連想するが

女性をターゲットするなら当然

男を用意する。

 

これで引っ掛かった女性も数多いる。

 

企業役員、大学教授、公務員、研究員、開発責任者などなど

技術をチマチマ盗むのではなく

その頭脳を丸ごと盗んだり

政界やオピニオンリーダーなど著名人も

標的となって、餌食となり

相手の言うがままに活動しているのもたくさんいる。

 

 

 

また

ターゲットの年齢は様々である。

20代だっているし

50代、60代だっているのである。

ターゲットの嗜好、趣味や生活環境など

様々な情報を総合して近づける女や男を選択教育し

何年もかけて接近させるのである。

 

当然彼等のカバーストーリーもちゃんと作ってある。

名前だって当然偽名だし・・・。

 

渡辺謙の相手は元ホステスなどとあったが

ターゲットがよく行く店の店員だったり

学校の生徒だったり、隣の家の住人だったり

さらには部下だったり、同じ会社にいたり等

なんでもありと

よくまぁ調べて接近させているものである。

 

 

最近聞いた所では

ハニーには男や女ばかりではなく

ホモやゲイ などもちゃんと用意されているそうである。

みんなの趣味が多様化しているから

ハニーも多様化してしまったのである。

 

 

浮気調査を受けていて調査対象者が

経営者、教育者、公務員、開発者、銀行員

さらには

会社や企業連合

プロジェクトなどで重要なポジションにある人

などの時っていうのは

ハニートラップにやられたか?

と思ったりするのである。

 

考えすぎか?

 

地位があったり、重要なポジションの人だったら

付き合っている相手の

本名くらいは調べておいたほうが無難かもしれん。

それと

知らない相手には油断しないことだわな。

 

そんな地位の人が

よその国へ行って

夜、ホテルの部屋のドアを叩く女がいたら

100%ワナである、と言われてきたが

最近では日本国内のホテルでもそんなことが

平然と行われているらしいから

用心に越したことは無い。

 

まぁ、それよりも

奥さん以外の女

ダンナ以外の男

には気を許さないことがイチバンである。