車を尾行するのはタイヘンだぞ

不肖の探偵は車両尾行が「キライ」である。追う相手に集中し過ぎたら事故になるだろうし、信号無視やら停止線無視、車線無視やら制限速度無視などなどいろんな事態が起きる。

とは言っても「やるしなかない」という場面はある。車両尾行が「キライ」なのであって「できない」のではない。周りの車に迷惑かけようがなんだろうが追いかけるしかない状況だってある。

しかし前にも書いたように「高速入った途端に150キロ以上」で走るヤツ、「高速で車線変更を繰り返す」ヤツ、一般道で「右折車線から強引に左折するや」ヤツ、「渋滞する市街地で反対車線を直進する」ヤツ、「転回禁止の場所でUターンする」ヤツ、こんな連中には付き合えん。

こんな相手でも「追いかけてくださいよ」という依頼人もたまにはいるが、そんなことすれば「尾行」ではなく「追跡」だろ。さらにこんなことすれば「追いかけている」のがバレバレだ。バレたら困るから尾行という「隠密行動」をするのである。

逆に、低速走行ばかりする相手も困りものである。なんたって周囲の車の邪魔になるような速度だからみんなが追い越し行く。こんなのを尾行したら当然相手に判る。渋滞にはまった訳でもないのにノロノロ走る相手も困りものである。

バンバン飛ばす相手でなく、高速を使わない相手であればこの数年はバイク、それも小型スクーターを多用している。街中に溶け込むありきたりの姿であり、小回りは利くし、押して歩くこともできる。「中型や大型がよい」というところもあるが、住宅街や狭い道では不自然だし使いにくいものであろう。小型だって100キロくらいまでは出るし。

こんな便利なスクーターであるが、車の場合と同様に「どうにもならない状況」がある。それは夜中、他に走る車がない一本道で尾行する時。東京周辺の町でもあるだろう?こんな道。 街中を抜けたら田畑や雑木林ばかりでそこを一本の道が通っているようなそんな街。

こういうところを走ってみるとわかるだろうが、後ろに車が付いていると自然と間を空けるために速度を上げる。または、路肩に止めてやり過ごす。とにかく後ろに誰かがついて来るのを「嫌がる」習性があるわけで、こんなところで必死についていけば「即・不審車両」となって尾行が発覚するのである。

ましてや相手は「誰にも見られたくない浮気相手」を乗せている後ろめたい連中だから当然こうなる。追う側がなかなか苦労する状況なのである。

追いかけている時、周囲の状況も当然見ているが、もっと注意するのは相手の車両であろう。識別するには車種、色、ナンバーの数字は外せない。さらにいえば「陸運事務所名」も必要なので頭に叩き込んでおくこと。

不肖は以前、都内の2車線道路で3台先にいる車を尾行している最中「車種・色・数字」がまったく同じ車が左折して行くのを見てくっついて行ってしまったことがある。曲がってから陸運事務所名の違いが判ったが手遅れとなったのは言うまでもない。オッソロシーくらいの偶然であるがそんなこともある。

羽田空港の駐車場ビル、成田空港の駐車場ビル、ディズニーランドの駐車場ビルで相手の車を探している時には「色、数字・陸運事務所名・ひらがな」が一致する違う車種にも遭遇した。「ヤッター」という発見の喜びも一瞬にして崩れ去ったのであった。

こんな苦難を乗り越えてきた結果たどり着いた答えは「最初からGPSを付けるべき」というものである。これをつけて尾行して「アブナイ」と思ったら間隔を空けて走る、それ以外にないのである。

昔の探偵のようにイケイケでブイブイいわせて「探偵様のお通りだ」という時代ではないのである。「安全・確実・隠密」で探偵も仕事しないとイカンのだ。

 

大みそかにGPSを付けなかった車を尾行して不肖の探偵は再度「肝に銘じた」のであった。

深夜のタクシー