浮気であれば「その関係問わず」調査する探偵

浮気調査というとどうやら「配偶者」からのものを指し、配偶者からの依頼でなければ「受けない」というところが多い。つまり不倫関係だったり恋人(結婚予定を含めて)関係だったりすると断られる、と聞いた。

不倫相手が訴える権利があるのか?という点で断るのであろう。結婚予定といってもあくまで「予定」なのだから他に恋人がいたからといって訴える権利があるのだろうか?ということもあるのかもしれない。

しか~し、それでは散々遊ばれた相手(つまり女性)の権利というのはどうなるのか? 

散々遊んだんだから「そのくらはガマンしろ」と言えるだろうか?「いい思いしたんだろうからいいじゃん」と言えるだろうか?

問題は「そうやって遊び」「その気にさせて」「食い散らかす」男性にあるのではないだろうか?

不肖の事務所はだいぶ以前から不倫関係の相手から調査依頼は来ている。

「結婚する」と言いながら時間稼ぎをして結局捨てるヤツ、「離婚するから」と言いながらなかなか離婚せず結局中途半端な付き合い方しかしないヤツ。その時その時で都合よく不倫相手を使い、必要なくなったら「使い捨てライター」のように捨てるヤツ。そんなことするなら結婚なんぞするな、と思うような連中ばかりである。

羨ましくて言うわけではないが「少し焼きをいれないとワカラン」ような連中ばかりである。しかし中には不倫相手のダンナから訴えられ慰謝料払ったのに”それでも”不倫関係を続ける奴等もいる。もはや慰謝料は「利用代金」程度にしか感じていないのではなかろうか?

こういう害毒をまき散らす連中退治のために不肖の事務所は「不倫関係でも調査OK」としている。こんなに引っかかったら「哀れ」でしかなかろう。

風鈴 不倫