浮気の現場を抑えたら

「やっぱり浮気してた!」となったら探偵の仕事としては「相手は誰だ?」を調べることになるのだが、もしかしたらそんなことしなくてもいいかも。

浮気の相手を調べる(住所・氏名を調べること)のは相手に慰謝料請求したりするためであろう。住所氏名が判らなければそのための大事な手紙も送れないし、訴えるのであれば「住所氏名不詳」では裁判所も相手にしてくれないから調べるのである。

しかし何度もフラフラと遊び回っているダンナに愛想を尽かし、「もう捨てよう」と決心がついているなら相手なんぞ知らなくてもよくないか?

「毎回こんなことやってます」という証拠をもって「それ」を理由に離婚するのであれば、相手に慰謝料なんぞ請求せずダンナに離婚の慰謝料を払わせるだけであれば相手の情報なんぞいらなくないか?

離婚の事由として法律で書かれているのは「配偶者の不貞」とあるが、これは「肉体関係」を指すと言わている。そのなこと立証するのは土台無理な話しと違うか?下世話な言い方すれば「やったかどうか」の証明である。こんなの当事者しかワカランだろ。

よくラブホの出入り写真を証拠にするのはそこが「そのための」施設と言われているからである。前にも書いたがラブホへ二人で野菜を買いに行くわけないし、ラブホで映画のロードショウ公開があるわけでもない。そこに行く理由は「それ」のためと一般に認識されているからである。だからラブホに入って数時間過ごしたのは「やった」証拠とみなしているわけだ。

浮気相手が独身でその家に行って二人だけで長時間過ごすのも「怪しい」ことになるが、ラブホ出入りほどの強さは無いといわれている。行った先がビジネスホテルだともっと難しい。

「浮気だ」ということで何かしらの法的行動を起こすなら証拠が必要だし、それをもって証明しなければいけない。不貞行為というのは意外と立証しやすいから皆がこれを使うのだといえるだろう。それと不貞行為というのは「秘密裏」に行われるので当事者であるダンナに文句を言ったりせずともこちらも秘密裏に裏取りができる。

 

何度も浮気を繰り返してその度に注意しているのに浮気を止めない場合はどうか?

これだと浮気が公然(夫婦間では)となっていて、それを止めるように進言する配偶者(たいていは妻)がいて、その妻が「浮気を非常に嫌っている」という形になる。

しかし妻が「されるのが嫌いであって傷つく」浮気を続けるというのはある意味「性格が合わない」「考え方が合わない」ということになり、離婚事由のうちの「その他、婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するといわれている。

性格が合わないというのは「双方」にこの問題についての「歩み寄り」が足りない、若しくは無いということになり「相手の嫌がることを続けている」ことになる。浮気しまくるという問題について「歩み寄って合意」する人はまずいないので「相手からの嫌がらせ」と考えれば十分な離婚事由になるだろう。

 

このように浮気が発覚、現場を抑えた時に「次の一手」はどうするかは、既に夫婦間でどのようなやりとりがされているかによって違ってくるのである。相手から慰謝料を取るのか、離婚するのかもそうだし、何度も浮気が発覚してそれを配偶者が「嫌っているか」といったことも次の攻撃方法の選択に重要となる。

離れられない二人