ある日突然「離婚したい」という人達

ホントに突然こういうことを言い出す人(だいたいは夫)というのがいて、言われた方は「唖然」としてしまう。ましてそれが50代とか60代になってからだったら驚天動地であろう。

こんなことを言い出すのはいったい「何歳」くらいなんだ?と思う人もいるだろうが、不肖の経験からいくと40歳前後から70歳代まで勢ぞろいであった。

そんなことを言い出す「前触れ」のようなものは無かったのか?

前触れではないが、「浮気しているらしい・ようだ」といった動きや感じはあった。つまり浮気が発展して離婚を切り出してきた流れのようであった。「こっちよりあっちがいい」と彼らの心なのか前頭葉なのか知らんが、選択肢の変更を言い出したようである。

仕事はフツーに何の変りもなくしていて、仕事への不満もなく、周囲への不満もなく、妻への不満も余り口にせず、子供もいる夫が、ある日突然「離婚したい」と言い出すのはオカシイに決まっている。

1人で放浪の旅に出たくなったわけでもなし、出家するわけでもない。「独りになりたい」ということで勝手に消える人はいるが、そんな時は何も言わず家を出ていくことの方が多い。口に出して言う、というのであればそこには「離婚」しなければならない理由がある。

そこで考えられるのは、他の女性と一緒になるため、となるわけだ。法律上の問題をクリアするためには離婚しておかないと不可能だからそれを選択していることになる。

時には、そんな面倒なことをすっ飛ばして家出して行方不明になって、どこかで女性と暮らす男もいるがこういったのは稀であろう。

ほとんどの連中は「一旦離婚して」身軽になって、法律問題をクリアしてから再婚という方法で「あっち」に移行するつもりである。

 

こういうことは女性の勘で「女がいる」と察知するから浮気が発展していることに奥さんは気付くであろう。

また、「離婚したい」と言い出してくるという状態はかなり「親密度」が増していて状況としては「土壇場」に来ていると思われる。

ここから調査して誘い出している相手を見つけ出して「叩き潰す」には時間が必要だ。こうなると夫も「早く早く」と言い出し口論やケンカが絶えなくなり双方が嫌気が差して家庭崩壊から離婚となってしまう。

だから早いうちに「浮気」を発見して叩き潰しておかないといけない。不肖が毎度のように「火はボヤのうちに消せ」という理由がここにある。

放っておくといつの間にか「浮気が本気」になって取り返しが付かない結果になるし、家庭崩壊に突き進むことになる。

さらにいえば50代以上、60代70代である日突然こんなことを言い出したらそこには「別な目的」のある誰かがいて、利益を誘導しようとしていると考えた方がいい。

浮気オジサン