離婚するために調べる、浮気を止めさせるために調べる、追い出すために調べる

浮気調査は離婚するため、と思っている人はダンゼン多いだろうがそんなことはない。

調べた結果をどう使うか、その目的はいろいろある。過去に何度も浮気して迷惑を被ってきたので「これを機会に」離婚する人もいれば、「ワンストライク・アウト」ということで「イッパツで婚姻関係取り消し」、つまり離婚という人もいる。

不肖のところで多いのが「浮気を止めさせる」ために証拠としてダンナに「突きつける」方法。止めさせるというか、付き合っている相手と関係を切らせるために使うこともある。

「こんなことをやっている」「こんな所に行っている」は言うに及ばず、「家族にはこう言っていたのに違っていた」という証拠写真を見せ「自白」させるケースである。こういう時に「ガツン」とやっておかないと「甘く見られ」てやり放題になってしまう。一度トラウマになるくらい叩かないと再犯の可能性は大きい。

浮気したダンナだけでなく「浮気相手」の女性も一蓮托生で追い込む時もある。つまり相手女性に「不貞行為の慰謝料請求」をしたり、今後の接近を禁止する旨の文書を送ったりする。ダンナだけでなく相手にも「ヤキ」を入れておかないといけない。

こういうことをやっても「ほぼ必ず」再度浮気をするであろうから、その時のためにお互いの合意文書なるものを作っておく必要もある。

また、「第三者」からのタレコミを装って問い詰めるのもいいだろう。もっとヒドクくなると本人に「第三者」から謎の手紙が送られてくる、という方法もある。こういうことがあると「誰かに知らている」「誰かに見られている」という思いで精神的に追い込まれる。これは会社などでの「怪文書」攻撃で得た経験である。

 

浮気などの「不貞行為」は刑事事件ではなく民事なので「罰則」が無い。無いから誰もが安心して浮気するのではなかろうか。

交通違反のような違反したら罰金と違反点数付与、さらには「免許停止や取り消し」なんていうものは浮気にはない。刑事事件のように懲役刑などの刑事罰も無い。だったらやりたい放題になるのは至極当然である。

浮気がバレて離婚とかにならなければそれは「執行猶予」の状態である。猶予期間中に再犯したら「実刑」となり「離婚」か「さらに強力な制裁」の方向を考える必要もあるだろう。

しかし、世の奥さん連中はそれをしない。毎回執行猶予を与えるだけで、ただ自分が泣くだけだったりする、それはオカシイと思う。

1回やったら絶対にまたやる。1回目の時の「あなた」の対応次第でそれは連続する可能性もある。1回やったらそれ以降は「執行猶予状態」だから対応を準備して監視することが重要となる。過去にも書いたが浮気の再犯率は高いからバレてもすぐまた始まる。

浮気で土下座