自分に危害が無ければ「不倫や浮気」はOKなのか?

DVで大騒ぎとなって警察を呼ぶ奥さん達がいる。

お巡りさんが来ていろいろ聞いた後、「お宅のダンナさんはオカシイから別れた方がいいよ」と忠告された人もいる。「署まで連れて行こうか?」と聞かれた人もいる。そう言われても躊躇して訴えずに終わる人もいれば、言われた通り奥さんが訴えて拘留されたダンナもいる。

DVとなると「身の危険」もあるので警察を呼んで対処してもらう、というケースがほとんどであろう。

翻って「浮気」の場合はどうか?

何人も相手がいて、何回も浮気して、という人がいても放置していたり本当に何も知らずに過ごしていたりする奥さん連中も多い。ダンナが浮気していても「身の危険」はないからであろうか?

不肖の探偵もそういうダンナを見てきたが、相手が何人も「芋づる式」に出てきて初めてショックを受けて「どうしたらいいか?」と聞いてくる人もいる。探偵の答えはいつも「改心なんぞしないし、止めることもないから別れた方がいい」となる。

しかし、それでも別れず半年一年と経って再度浮気調査の依頼をしてきたりする。

「私が浮気癖を治してやる」などと考えているのだろうが、それはゼッタイに無理な話である。「クセ、性格」と思っているフシがあるがこれは病的行動であって本人は止めることなんぞできない。言い換えればそれが「本人の仕事」と思っているのである。重要な任務であって、これをするために存在している、という思いがある。こんな状態では「治す」ことができるはずもない。

 

妻からの依頼でする夫の浮気調査では「オロオロ」して精神的に不安定になっている奥さんも多い。調べたら何人も出てきた、ともなればさらに大きなダメージを受けることになる。

不倫相手からの依頼でする相手男性の浮気調査では、そういうことにはならない。しかし「奥さんはどうして気づかないのか?」という疑問の言葉が毎度のように女性から出てくる。「自分のことを棚に上げて」と不肖は思うが、でもやはり「なんで奥さんは気づかないのか」という疑問は同じである。

世の中の常識が「不倫はOK」という事になっているのかもしれん。誰もが「そんなことは問題じゃない」と思うようになったのかもしれん。「自分に危害が無ければOK」ということなのかもしれん。

イヤイヤそうでもないだろう。ただ放置しているだけ、ただ無関心でいるだけ、ただ知らないだけなのかもしれない。

放置しているだけ無関心でいるだけなら「狂犬」を放し飼いにしているようなもので相手の配偶者が訴えてきたら「相応」の責任を取ってもらうしかないだろうな。

何せこういう「放し飼い」夫たちは浮気相手に「オレにはセフレが何人もいる」とか「嫁さんは何も知らないから遊び放題だ」「うちは浮気公認なんだ」などと豪語する輩もいるくらいである。まったく困った連中である。

車から張込み