妻を捨て、浮気相手と結婚しようと考える夫達

本当にそう思っているのかは判らないが、状況から見て本気で「結婚しようと考えている」と思えるようなものがある。つまりは「今の奥さん」と離婚を考えている気配というのがある。

よくあるのが相互のメールで「●●(相手女性の名前)の子供が欲しい」とか「一緒に●●(場所)で暮らそう」とか「●月までに離婚届けを出すから」などとやり取りしている浮気夫がいる。

どこまで本当なのか?単に相手を口説き落とすための口実なのか?といったことは判らないが自身の家庭を崩壊させようとしている言動ではある。

これが事実なら「奥さんへの背信行為」であり、相手を口説き落とすためのウソなら「詐欺行為」であろう。どちらにせよ「トンデモナイ野郎」である。

こういうことを繰り返していくと浮気相手は「本気」になってくるし、本気と見せていろいろ貢がせて「身ぐるみ剥ぎ取る」ようなマネをする悪女も出てくる。本気であれば中には「妊テロ」を決行するのも出てくるし、悪女であればアコギな手で金を搾り取るのも出てくる。搾り取るついでに家庭も壊していく。どちらにせよ「ロク」なことにはならない。

 

浮気の兆候を感じ取った奥さんがいろいろ調べていく過程で、メールというのは意外と発覚しやすいかもしれない。何度も調査を依頼してくる人の中にも携帯ロックを「やっと突破」したことで思っていた以上の事が判明し調査が一気に進んだ人もいる。

「怪しい文面」や「意外な事実」そして「自撮りのエロ画像」といったものがたくさん出てくるものである。中には一緒に「占い師」のところへ行って今後の二人の運勢を観てもらっていたのもいた。

浮気から本気になっていく男の大半はこのように「頭隠して尻隠さず」でどこかが抜けているので露見することが多い。

ただ、今、こういうことをしているのなら今後も続ける可能性は大きいので「見極め」を付ける必要がある。すでに過去、何度か事が露見しているのであれば「治癒の見込み」は無いだろうから「見切り」を付ける機会かもしれない。

西武新宿線高田馬場駅の表示