尾行や張込みで遭遇する不思議な光景

夫を尾行して欲しい、という依頼はたくさんある。そして時々「おやっ?」と思うような場面に遭遇することも多い。

他愛のない話しかもしれないが「浮気夫が誰と会って何をしているか」の調査で監視した時のこと。食事中の夫を遠い場所から見ていたら箸を右手を持っている。

「あれっ?確か左利きだったよな」と思い依頼人に連絡すると「そうです、左利きです。右手で箸を持ったことはありません」と断言する。「でも右手で上手に箸を使ってますよ」と返すと絶句して「それっ違う人でしょ」と宣う。撮った写真を現場から送るとまた絶句。20年以上一緒に暮らしてもこんなこともある。

浮気相手と一緒にいる映像を見て多くの奥さんたちが発する言葉で、「こんな楽しそうな顔は見た事ない」「手を繋いで歩くなんて結婚前から無かった」。浮気相手の手荷物を持って歩く姿を見れば「こんなこと結婚してからはまったく無い」等などまったく別人格、別人の如く見えて自分の夫とは思えないということも多い。

仲間と旅行に出かけるということで自宅付近から車で尾行した相手は、家を出た時に奥さんが見た服装と5分後に尾行を開始した時の服装が変わっていた。どこで着替えたか知らないが「早変わり」の技を持っているオッサンもいる。

浮気夫の車にGPSを付けて追跡し入ったラブホの駐車場で出待ちをしていた時、だいぶ前に別の浮気調査で追跡した車を発見。「もしかして」と思いながら本来の相手のついでに出口を監視していたら案の定「あの時のオッサン」が「あの時の女」と出てくる姿をみつけた。同じ相手と同じ場所、「お~、まだ続いていたか」と思うと同時に懐かしさが湧いてきた。

また、その逆というか出口ロビーを見張っていたら見覚えのある車が入ってきて同じように「あの時のオッサン」が別の女と入って行った姿を見たこともある。

調査で証拠を掴み離婚手続き開始直前で別居中の夫婦。妻や子供が出て行き、夫だけがそのまま住んでいる家に、夫の留守中に荷物を取りに行くので付き添った話し。費用をかけてリフォームしたマンション内は汚れ放題で、リビングにはこれまた汚れ放題の布団が敷きっぱなし。もはやリフォームなど見る影もない状態に。ゴミは散乱トイレも同様、妻や子供が家を去って半年余りで湿って澱んだ空気が蔓延する「負のオーラ」満載の家となっていた。

夏の昼間の広い駐車場から相手の家を監視していた時の話し。自分が止めている場所の20メートルほど前に颯爽と外車で登場した推定30歳くらいでスーツ姿のバリバリキャリア風女性。カッコいい車から颯爽と降りた姿を見てパンツルックと確認。しかしそれは、タイトスカートが全部めくりあがり「腹巻」のようになったパンスト姿だった。後ろの車から探偵が見ているのも知らず腹巻状のスカートを降ろして何事も無かったように颯爽と去って行った。

昼間のマンションのベランダ側から特定の家を監視していた時、その上の階のベランダに「素っ裸」の男を発見したこともある。何をするでもなく、ただベランダをウロウロ歩いていただけだった。

素っ裸というと「ウソだろ」と思う人も多かろうが、向かいのマンションの通路から調査対象の部屋を監視していると時々そんなのが目に入ってくる。自分の家の中だから安心してなのか知らないが、男でも女でもいる。見ている方は「えっ?妄想か?」と思ってもう一度見ると妄想ではなく現実だったりしてまたまた驚くのである。

「人は上を見ない」という言葉をこのブログでもよく書くが、「上を見ているはずがない」とでも思っているフシもある。高層ホテルの各部屋の窓を何気なく見ていると窓際に裸の女性がいたり、やけにベッタリとイチャついていたりでAVの撮影でもしてるのかと思う光景に出くわす。

そういえばAV会社からの依頼で調査した時、対象者が入ったけっこう上等な都心のホテルについて「ここは撮影でよく使います」と言われたことがある。その時は「へぇ~」と驚いたものである。

車にGPSを付けて監視していると「へぇ~こんな抜け道あったんだ」と思うことも多い。自分もよく行く地域だったりすると次回から便利に利用させてもらう。また飲食店、それも高級なレストランや和食の店を知る機会も多いが高すぎて入れないので宝の持ち腐れとなる。観光ホテルも同様で「1人1泊10万円から」といった場所を使う人もいるが知ってもこちらは利用する機会もない。

そういった高級店や高級ホテルに入った相手を監視するために「一緒に入った方がいい」と思って「お金払うから入ってください」という依頼人もいるが、入ったとしてもテーブルが隣になる訳ないしホテルなら隣の部屋を取れるはずもない。ホテルなら部屋に入ってオシマイである。つまりは金のムダになり易い。ついて行って簡単に隣同士になれるのはファミレスや居酒屋くらいであろう。

スケジュールが判るなら飛行機や電車の指定席などで近くの席を予約して「一緒に動く」ためにお金を使った方がよい。さらにこの数年はバス旅行などで浮気旅行する60代以上も多いのでこんなところに探偵が紛れ込むこともある。これなら日帰りであろうと泊まりであろうと「安心」して監視ができる。カメラやビデオを持っていてもまったく怪しまれないので「撮り放題」である。

マネキン