コロナ肺炎のおかげで業務のテレワーク化が進むのか

コロナ肺炎で世の中が「テレワーク」の必要に迫られてきた。

不肖はず~っと思っていたのだが、「対面営業」「対面説明」「対面での書類交付」「捺印」をどうしてしなければならんのか? なんで全部が対面でなけれなならんのかワカラン。

今どきの世の中には電話があったり、パソコンがあったりさらにはメールシステムがあったり、ビデオチャットがあったりと”ほぼ”対面同様のことができる。なんでわざわざ出かけねばならんのか?

会社相手の調査でも時々「FAXしてください」なんていうのがある。「FAXってなんだよ」と思わないか?メールにデータ添付した方がより鮮明で早かろう。

代金の受け渡しだって銀行送金がある、それを使えば送金記録が残って便利だしそれを領収証代わりにだってできる。なのにわざわざ銀行やらどこぞのATMにまで足を運んで手続きするのは時間のムダであろう。

うちも、PC画面やスマホ画面で契約がすべてできるわけではないが、便利な道具があるのならそれを使った方がお互いのためであろう。法律の問題もあるが法律が時代に追い付かず陳腐化するのは世の常である。

時々「SEO業者」から営業電話が来るが、それらすべてが「お邪魔して説明します」という訳のワカラン話しになる。ネット関連業者ならメールかビデオチャットでもいいだろうにと思ってしまう。なんでわざわざ面倒くさい手段で営業してくるのか理解できん。

 

事務作業の中にはかなりの部分で「在宅」や「電話」などでカバーできるのがあるのだからもっと「楽」にできる手段を選択肢にいれてもらいたいものである。

でもなぁ、自由時間が増えていつぞやの「フレックスタイムで浮気もフレックス」のようになってしまっては困るな。

 

スマホとパソコン