年代別、妻のための浮気調査

年代別浮気調査


30代妻のための浮気調査

最初の浮気を退治できるか
結婚して第一子が生まれる前後で最初の浮気が始まるケースが多く見受けられます。今まで浮気経験の無い夫であれば発覚してもここで「釘を刺せば」後々の浮気癖は抑えられるでしょう。しかし発覚しなければ、妻がその気配を察知してもアクションを起こさなければ往々にして続きます。
退治できなかったら
本人が飽きて「止める」まで続きます。または自発的に改心するまで続くので生涯続く結果になることもあります。
今後どうなるか
最初は1人だった相手が徐々に増えていく、長い不倫関係が出来上がる、といったケースが一般的です。このようになると「浮気すること」「獲物を狩る」ことが楽しみとなります。相手を妊娠させる・子供ができてしまったというということもあります。また浮気の相手が結婚していてその夫が最初に気づき調査することで発覚することも多々あります。この場合は当然相手から慰謝料請求がきます。それによって家庭内不和が起き婚姻が破綻する可能性は否定できません。
どんな形で浮気が始まるか
古典的ですが会社の同僚、客先、学生時代の友人や元カノ、飲み会で知り合った相手が一般的です。しかし、ネットやSNS、対戦型ゲームで知り合い浮気に発展するケースも増えています。そのほかに稀ですがデリヘルや出会い系から始まる人もいます。
そうならないために
「浮気かもしれない」と感じたら夫の行動を調べ「火はボヤのうちに消す」ことが重要です。浮気について慣れていないために隠密行動をとることは無いので意外と行動予定を把握しやすいと思います。もしかすると1週間程度で証拠をとることができるかもしれません。
証拠をとったら
まず問い詰める、シラを切るなら証拠の写真を見せ問い詰める。ここら辺で夫の本性が判ります。浮気したことや今後はしない事などを書いた書類を作るといいかもしれません。。
しかし「泣いて謝る」「土下座して謝る」という行為があればそれは「演技性」のものと思われるので要注意です。詐欺師に通じる行為ですのでまだまだ浮気する可能性が大きく今後の生活に影響が出る危険があります。
参考事例
●取引顧客(年上)と深い仲になり、約25年不倫関係が続いた会社員。何度か妻が「別れるよう」注意したり、相手女性にも抗議したが表向きは「交際終了」だった。しかし20数年後の調査で今でも毎週末に2人で出掛けていることが立証された。
●学生時代から交際していたが別の女性(現在の妻)と結婚。最近になって妻が浮気を疑い調査したところ結婚後の10年余りの間に亘って交際が続いていたことが判明。
●結婚3か月後に別居となった夫婦。交際している女性がいるようだと両親が疑い調査したところ「元カノ」と今でも続いていることが判明。
調査プランの提案
●夫の行動(スケジュール、立寄り先)を把握しているのであれば最短の「5時間プラン」で契約し証拠写真を撮り、超過時間部分は延長料金として払う形が最も安くなります。
●スケジュールがまったく判らない場合は行動を予想して調査するのである程度の時間数が必要になります。このため「20時間プラン」を利用する人が多くなります。
料金の目安
本当に浮気しているのか判らない、浮気は確定していて相手との様子を映像に残したい場合は5時間プラン「10万円」または、10時間プラン「18万円」があります。必要があれば同じ内容で契約を延長することもできます。相手の素性を調べる必要が出た場合「情報調査」のための費用が別途必要になります。

40代妻のために浮気調査

最初の浮気なのかそれとも
もしこれが最初の浮気であれば「30代」の場合と同じ対応でよいでしょう。しかし2回目3回目となると話しはべつです。この年齢以降での浮気と「ドツボ」にはまります。浮気から不倫関係に本格的に入る人も大勢います。家のことは「妻任せ」にして遊び歩く夫も増えますが、反対に浮気しながらも家のことはマメな夫もいます。
浮気がすでに複数回であれば妻側も諦めてしまい放置することもありますが、「浮気発覚」による危険は増してきます。こちらが放っておいても相手側は放ってはくれません。また会社勤めであれば「浮気している」評判や「浮気で慰謝料とられた」評判も出てくる可能性があります。そんな評判をヨシとする会社も昨今は少ないので素行不良の社員という烙印を押される可能性は十分あり、サラリーマン生活の今後や家庭生活の今後に影響を与えることは必至でしょう。遊び過ぎて相手から性病を伝染されたり、さらにそれを妻に伝染すことがあるのもこの年代から出てきます。
退治できなかったら
最初の浮気なら「飽きる」ことも考えられますが、この年代で続いているのなら生涯続く可能性大でしょう。もしかするとすでに不倫関係の相手が数人いるかもしれません。それに合わせて出費も重なるので「資金繰り」に苦労して家への生活費を削ったりする人も出ます。非常に稀ですが会社の金を使い込む人や経費をごまかす人も出ます。
今後どうなるか
続きます。自分から止めようと思っても相手女性が言い寄ったり、続くように仕向けたりして止められない関係がズルズルと続くことがほとんどです。家庭に影響が出始めるのもこの年代からが圧倒的に多くなります。影響とは生活の面もありますが「夫の浮気に妻が悩む」ことで体調不良からウツになるケースが多く見受けられます。
子供がいることで離婚や別居を決断できなかったり、離婚しても将来の生活費の工面などから躊躇することで悩みがどんどん大きくなり体調を崩してしまいます。

どんな形で浮気が始まるか
30代と似たような傾向ですが会社の同僚、客先、学生時代の友人や元カノ、飲み会で知り合った相手が一般的です。この年代はすでにネット世代といえるのでネットやSNS、対戦型ゲームで知り合い浮気に発展するケースも増えています。またデリヘルや出会い系の利用率も上昇します。
そうならないために
30代と同様に「浮気かもしれない」と感じたら夫の行動を調べ「火はボヤのうちに消す」ことが重要です。しかし浮気について知恵も増している年齢なので発覚発見がしにくいかもしれません。しかし服にファンデーションが付いていたり口紅が薄っすらついていたり、香水の香りが付いていたりすることがこの辺りから多くなる傾向にあるので発見とまでは行かなくとも「疑い」は増して調査をするタイミングとしては良い時期といえます。
証拠をとったら
まず問い詰める、シラを切るなら証拠の写真を見せ問い詰める。ここら辺で夫の本性が判ります。浮気したことや今後はしない事などを書いた書類を作るといいかもしれません。この辺りから公正証書の方がよいかもしれません。
30代と同様ですが、「泣いて謝る」「土下座して謝る」という行為があればそれは「演技性」のものと思われるので要注意です。詐欺師に通じる行為ですのでまだまだ浮気する可能性が大きく今後の生活に影響が出る危険があります。
参考事例
●職場の同僚と浮気し、その後も次から次へと同じ職場の女性と関係を持った夫。調査してみただけでも4人とホテルへ行く姿が確認された。
●職場の「部下」との浮気。親切に仕事を教えているうちに深い仲となり数年の関係が続く。妻が夫のメールを盗み見したことで浮気をしていることが発覚。
●休日出勤を頻繁にする夫。実際はネットカフェに寄りその後デリヘル嬢と食事をしホテルへ行くパターンを毎回繰り返していた。
調査プランの提案
●この年代になると頻繁に浮気行動をするケースが多くなります。ある程度夫の行動が判っていれば「5時間プラン」または「10時間プラン」で証拠を得ることが可能になります。こちらについても超過時間分は延長料金として対応していけば問題ないでしょう。
ただし、「訴える、慰謝料請求する」ために相手の素性や家族情報が必要であれば情報調査分の料金が別途必要になります。
●行動の予想がつかない等、スケジュールがまったく判らない場合は行動を予想して調査するのである程度の時間数が必要になります。このため「20時間プラン」または「30時間プラン」の利用が必要になります。
料金の目安
本当に浮気しているのか判らない、浮気は確定していて相手との様子を映像に残したい場合は5時間プラン「10万円」または、10時間プラン「18万円」があります。必要があれば同じ内容で契約を延長することもできます。相手の素性を調べる必要が出た場合「情報調査」のための費用が別途必要になります。              20時間プランの場合は「34万円」30時間プランでは「56万円」と料金は増えますので、依頼される方の「情報収集」によって費用が大きく変わることを考慮に入れてください。

50代妻のための浮気調査

最初の浮気ではなかろう
本当に少ないがこの年代で「浮気初心者」という夫もいる。ここら辺で浮気が始まると「すべてを捨てて」となることも考えられます。また相手は既婚者ばかりではなく同年代の未婚女性も。「惚れ込んだ」相手にぞっこんとなり執拗に追い回しストーカー扱いされるケースもあります。
通常考えらるのはすでに浮気を何回も経験している年代なので考えるべきは「何人の相手がいるか」「どれくらいの期間続いているか」となります。
退治できなかったら
もはや手遅れの状態かもしれません。この年代で止められなければ禍根を残します。
今後どうなるか
続きます。相手に金を貢いだり生活費を支援するなどして不倫関係を維持しようとする夫もいます。このような資金援助が当然と思う女性も中にはいるので家庭崩壊に直結する恐れがあります。。

どんな形で浮気が始まるか
会社の部下もありますが、同窓会などから学生時代の同級生や友人といったケースも多くあります。接待などで行ったクラブのホステスに熱を上げたりもします。また、手当たり次第に浮気する人であれば接待に関連して「悪意を持った」関係者による「ハニートラップ」に引っかかる年代でもあります。
そうならないために
夫の世話係、教育係として結婚した訳ではないので離婚を前提とした調査を始める妻達も多くいます。またこのような夫に「疲れて」離婚を決断する妻も多くいます。どちらにせよこの年代では「離婚」するための調査となります。
証拠をとったら
離婚を前提に調査をするのであれば証拠をとった「その後」の流れを計画しておく必要があります。どのように離婚調停を進めるか、夫は離婚を承諾するか、承諾しないのであれば弁護士の準備は必要か、夫は慰謝料を払うのか、といった点にポイントを置いて計画を立てるべきです。
離婚ではなく別居を選択する場合も同様に今後の生活費支払いや自身で稼ぐ手立てを考える必要があります。同時に年金分割の手続きもすべきでしょう。
参考事例
●ヒーリングサロンに通う夫。月2程度で通っているが妻からの依頼で調べてみると若い女性が経営する個人店であった。古いビルにテナントとして入居している店を張り込んでいると帰り際に決定的な状況が判明した。
●出張の多い夫。頻繁ではないが月に3回程度遠距離で出張し地方の事業所で会議をする。着替えの下着に香水が匂ったことで浮気を疑う。実際は彼の地で1人住まいの女性の家に宿泊。その後の出張でも同じ家に入り宿泊しているため浮気相手と確定した。
●頻繁に出掛ける自営業の夫。仕事中に抜け出し数時間いなくなる夫が「浮気しているのでは?」と疑った妻。尾行してみるととあるアパートへ入る。詳しく調べると夫と同年代のバツイチ一人暮らし女性。さらに調べると夫と同じ学校出身の同級生であった。
調査プランの提案
●この年代は「癒し」を求めることが多く他の年代より頻繁に相手と会う傾向にあります。また、浮気相手と一緒に出張先へ向かうといった大胆な行動も見受けられます。離婚や別居が前提の調査であれば4~5回以上の証拠写真は必要になります。「20時間プラン」または「30時間プラン」がベストな選択となります。こちらについても超過時間分は延長料金として対応していけば問題ないでしょう。
ただし他の年代と同様に、「訴える、慰謝料請求する」ために相手の素性や家族情報が必要であれば情報調査分の料金が別途必要になります。
●行動の予想がつかない等、スケジュールがまったく判らない時はむやみに時間数を増やすのではなく、「当たり」をつけるために数日だけ尾行する方が安価で済みます。依頼する奥様も「探偵に任せてオシマイ」ではなく、夫の行動把握に努めることで全体の費用を抑えることができます。
料金の目安
本当に浮気しているのか判らない、浮気は確定していて相手との様子を映像に残したい場合は5時間プラン「10万円」または、10時間プラン「18万円」があります。必要があれば同じ内容で契約を延長することもできます。相手の素性を調べる必要が出た場合「情報調査」のための費用が別途必要になります。              出張先や旅行先などでの調査では20時間プラン「34万円」30時間プラン「56万円」といったプランのご利用が割安です。調査で遠隔地へ向かう場合出張料が別途必要となりますのでご了承ください。

60代妻のための浮気調査

浮気は止まらない
結婚生活が長ければ夫の行動についてはよく知っているはずなので妻側もある程度の決心はできていると思います。「浮気は止むはずがない」と思っている妻が大半というよりほとんどです。
退治できなかったら
手の施しようが無い状態でしょう。止めさせることは不可能なので今後の自身の身の振り方を考えた方が早いと思います。
今後どうなるか
続きます。ただし「60代以降」は資産のある人も多いので「その資産」を目当てに近づく女性もあります。以前よく言われた「後妻業」もそうです。後妻というと「妻に先立たれた男性」のイメージがありますが「本妻」を追い出し自分が本妻になろうとする悪辣な女性もいるので注意が必要です。家族や親族は「財産が目的で接近しているかもしれない」と感が手調査するケースもあります。
どんな形で浮気が始まるか
性欲が強い人、異性への好奇心が強い人、癒しが欲しい人、理想的母親が欲しい人であることは確かですが、若い女性を相手にする場合の多くは「自分は若い娘を相手にできる」「自分はまだ若い」という考え、「若い娘を征服できる」という考えも根底にあります。
出会いの場所としては飲食の場、所属しているサークルやクラブがほとんどですが中には悪意を持ったハニートラップも存在します。
そうならないために
この年代ともなればもはやコントロールは不可能といえます。浮気しないように、不倫しないようにできると思わない方がよいでしょう。それよりも「悪い女」に騙されないことに注意を傾けた方がよいと思います。怪しいと思ったら調べることがどの年代でも重要ですが、この辺りの年代は「老後資金」の安全確保のために調べることの方が多い傾向があります。
証拠をとったら
調べて証拠をとったとしても「自身の今後」のために割り切った考えが必要といえます。離婚するか別居するか、今後の遺産を受け取るため続けるか考えどころです。
参考事例
●出張の多い会社役員。着替えのワイシャツにファンデーションが付いていたことで浮気を怪しむ。泊まりでの出張の度に決まった家で宿泊し、やはり浮気相手であった。
●一人暮らし70代男性の再婚相手。資産家の男性でその子供が状況を怪しむ。再婚相手は20歳以上年下で出会ってから再婚を決意するまで2か月余り。さらに女性からの「猛烈な押し」に負けて再婚を決意したという後妻業が疑われる状況であった。
●70歳代夫の浮気。毎週のように特定の女性とゴルフへ行っている状況が判明し、ゴルフ後はその女性(一人暮らしの50代)の家で数時間休み帰宅していた。
調査プランの提案
●事例でも説明している通り、この年代からは「財産保全」を第一に考える必要が出てきます。相手が夫の財産を狙っている可能性も大いにあるので「相手の素性調査」は必須になります。「20時間プラン」または「30時間プラン」で行動を監視することから始めることがベストです。
さらに相手の素性から「財産狙いか」調べ、その後「訴える、慰謝料請求する」べきか考える方が賢明でしょう。
●60代までの調査を紹介していますが、それ以上の年代もよほどの状態でない限り同様の対応、対策で通用します。
料金の目安
本当に浮気しているのか判らない、浮気は確定していて相手との様子を映像に残したい場合は5時間プラン「10万円」または、10時間プラン「18万円」があります。必要があれば同じ内容で契約を延長することもできます。相手の素性を調べる場合は「情報調査」のための費用(各10万円から)が別途必要になります。          20時間プランの場合は「34万円」30時間プランでは「56万円」となります。行動監視を重視するのか相手の素性調査を重視するのかによっても費用や別途料金が変化しますので「調査目的」をはっきりさせておくことがたいへん重要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加